Times Square カウントダウンのTIPS

旅行・観光

あけましておめでとうございます。
2018-2019のニューヨークの年越しイベント、Times Squareのカウントダウンに行ってきました。 その時学んだ、次回以降行く人向けのTIPS紹介します(正攻法裏技紹介しますが、裏技は全員が必ずできるわけではないです。しかし正攻法で挑む前に検討する価値があり、正攻法よりずっと楽に楽しめると思います)。


Times Squareのカウントダウン とは?

全世界で10億人がTVやネットで視聴、現地でも100万人が集う、世界的ビッグイベント。旅好きなら誰しも一度は行ってみたいと憧れると思います。基本的には事前予約等なしで、タダでだれでも参加できます。日本の花火大会見に行くみたいなノリです(後述の正攻法の場合は)。

正攻法のTIPS

カウントダウンは上記の通り超有名イベントなので、正直いろんなサイトでTIPS紹介されています。まとめるとだいたい以下の内容です(個人的にはここが詳細かつ正確にまとまっていて良いサイト)。

  • ①よい場所から見たいなら朝10時から並べ。(早いほどよい)
  • ②おむつつけろ(後述)
  • ③防寒対策しろ(この頃のNYはだいたい氷点下)
  • ④アルコール持込み禁止(飲食物はOK)
  • ⑤大きな バッグ、バックパック持込み禁止(ゲートで捨てなければなりません)

前提としては、一度カウントダウンエリア内(※)に入ると、もう外には出られないので、 数時間 立ちっぱなしで食事もトイレも我慢がマストという点。エリアから 出ると元の場所に戻れずまた最初から長蛇の列に並びなおし。エリア内にはトイレもレストランもない 。なので②が必要。(※東西は6th Aveから8th Ave、南北は38th Stから59th Stまでの長方形のエリア。大晦日ここがバリケードで囲われ、セキュリティゲートを通らないと中に入れないようになっている。)

正攻法の問題点

上記のTIPSに従って正攻法でいっても十分楽しめると思います。ただ、やっぱり極寒の屋外で食事とトイレを我慢して十数時間も立ちっぱなしは、つらいと思います(多くの経験者は、一度は行きたい、でも一度でいい、という感想になるそうです。それでもフィナーレの瞬間の感動がそこに至るまでの苦痛によって増すという側面はありますが)。今年は天気が悪く、一時土砂降りだったので本当につらかったと思います。もうちょっと「楽したい」という人は下記の手段を検討するといいかな思います。

裏技のTIPS

コネを使って関係者として入ればいいです。「いやそれができたら苦労せんわ」という声はごもっともですが、上記の「 ※カウントダウンエリア内 」で働いているor 住んでいる友人がいればOKです。正直「住んでいる人」は異次元の金持ち&ローカルの人だと思うので厳しいと思いますが、「働いている人」であれば、検討の価値はあると思います。このエリアに日系企業の駐在員たくさんいるので。彼らにお願いして、休日入館証などを発行してもらうと、彼らの同伴は必要ですが、嘘のように簡単に入れます。なぜならエリア内で働く人のセキュリティは別口だからです。しかもセキュリティ甘めです。アルコールも、バッグも持ち込みOK。もちろん待ち時間数分、トイレ行きたくなっても問題なし。多くの駐在員の人たち自身もこんなことができることすら知らないと思うので、付近に駐在の友達・知人がいるなら事前に相談してみるのが手だと思います。

あとはまあ、タイムズスクエア内のパーティルームやホテルを予約するという手もありますが、セレブ価格すぎてTIPSと言えず、言及しません。。。

コメント